推しを推す、そして万物に感謝する。

元書店員。日常のオススメやアレコレの話を。

ボールルームへようこそ

お疲れ様です。

 

目を大事にしなくてはいけないなぁ、と言った先日。

画面との距離感は意識するようになったものの、何かを見る、ということは止められそうにもなく、二日間で『ボールルームへようこそ』のアニメを全話見た。

 

 

TVアニメ「ボールルームへようこそ」公式サイト (ballroom-official.jp)

著者:竹内友 出版社:講談社

 

冴えない中学生、富士田多々良は競技ダンスに出会う。

自分に自信を持てなかった彼の成長物語、というのが大きい軸。

 

 

コミックは所持していて、すごく好きで、アニメも見たかったけれど、当時見られる環境ではなかったため、断念。

いつでも見ようと思えば見られたかもしれないけれど、今回ようやく、『目を大事に、ガンガンいこうぜ』の攻撃命令とともに駆け出した私は、念願の視聴に至った。

 

 

良い。

 

 

とても、良い。

 

 

何か一つのことに没頭していく人たちの熱さに心が躍り、没頭しようにも人間関係が邪魔をしたり、支えになったり、指針になったり、とただ真摯に向き合っていけるわけではないリアルに胸を打たれ、

 

とか、そういう頑張って考える文章は、なんだか邪魔で、

 

 

とにかく、とても良い。

 

 

見られて、良かった。

 

 

 

仙石さん、という多々良にとっての先生(プロのダンサー)がいて、彼はコミック作中、とてもとてもカッコいいのだが、アニメで声が付いたわけで、

 

とてもとてもとてもとてもカッコよくなった。

 

何ていい声なんだ。

 

ありがとうございます。

聞きほれる。

 

彼の持つ強い自信が声からほとばしっている。

 

カッコいい。

 

 

1話でほんの少し、基本の型を踊ってみせるシーンがあって、それだけでカッコいい。アニメーション最高。

 

昔のアニメも好きだけれど、どんどん進化しているのが素人目でも分かる。

 

スポーツしている人たちの身体の動き、すごくカッコよくてキレイ。

いつかのアニメはカクカクしてたなあ、なんて思い出して、それも好きで、でも確実にどんどんクオリティは上がっているわけで。

 

今、アニメ化されたことを、本当に幸せに思う。

 

 

 

 

で、コミックを読み返す。

 

 

躍動感。

前から感じていたけれど、いや、アニメを見たことで、前よりも動いてるように見える。

すごく動いてる。

 

紙なのに。

 

平面なのに。

 

アニメも平面ではあるけれども。

 

 

 

はぁぁぁぁやっぱり好き。

 

エンドレスで、アニメとコミックを交互に味わいたい。

連載していたギリギリの内容までアニメでやってくれたんだな。

 

もう続きは作られないようなアニメのストーリーだった。この先をアニメで見られることはないんだろう。

でもそこまでだけでも、本当に美しかった。

 

ので、皆さんも見て。

 

ぜひ。

 

 

 

 

 

コミックスも、買って、読んで。

今更ですが『ボールルームへようこそ』をよろしくお願いいたします。

 

 

[rakuten:book:19871547:detail]

 

 

目は大事。図書館で働きたい熱。

お疲れ様です。

 

 

スマホ、小説、アニメ、漫画、ドラマ、動画配信サービス、目を使う趣味だらけで、あぁいつか絶対この目の使い方は痛い目を見るぞ、と思っていた。

 

気を付けなきゃなぁ、という気持ちで己を律することができるならば、『生活習慣病』などという病気は生まれない。

いや、どうすることも出来ずに、その生活習慣を続けざるを得ない人もいるから一概には言えないけれども、気を付ければ防げる不調というのは一定数存在している、はず。

 

 

最近、目がおかしいなぁ、見え方がぶれているなぁと思っていたのですが、決定的に「これは病院に行かねばならない」と思わせてくれる一日があったため、眼科に行った。

 

先生、めっちゃくちゃ早口。

 

聞き取れるか?!?! と構えたものの、大切な説明のところはしっかりとお伝えしてくださった、助かった、さすが先生。

 

 

スマホ

 

 

を見すぎ。

 

 

 

 

スマホだけではない。近くのものを見すぎ。

最近多いんですって。

 

内斜視。

 

スマホの普及によって症状が増えてるらしい。

 

左右の目が向いている方向が一定ではない状態。

 

近くのものを長時間見ていると、パッと遠くを見た時に、目がついていかない。ピント調節などが上手くいかない。

 

 

というわけで、先日ピントが全く合わなくなりました。

 

あー、焦った。

 

 

割とすぐ治まったのが幸いだったぁ。

5分くらい?

 

私の場合は、細かいジグソーパズルをひたすらにやっていたのがトドメだったというか、その時に目がうわぁああ??????? ってなったのですが、それまでに蓄積された近距離凝視が原因なので、「やっぱり無茶させてんなぁ」っていう感覚は間違いなかったんだな、と痛感する。

 

 

気を付ければ、今ならまだどうにかなりそうな言い方をされたので、どうにかこうにか頑張りたい。

 

出来るだけ長く本を楽しんでいたい。

そのためには目を大切にしなくてはいけない。

 

最低限の視力は確保しておかないといけない。

 

 

 

 

 

とはいえ、最近突然出た症状なので原因については、たぶんスマホ、という感じ。

 

スマホじゃなかったら……と、なんだかいくつか怖い病名を言われたけれど、原因はなんであれ、目は大事。目を守りたい、という気持ちは変わらない。

 

もしや脳みそか、とか思ったりもしたから、まだセーフ。

(セーフとは?)

 

 

 

それよりも、先生の

 

「あ、緑内障になりそうな目だね」

 

と言われたことの方が気になっている(笑)

原因が私にない病気は、受け入れがたいぞ。

 

 

 

目を使いすぎない、ということは、別に目が悪くなくても気を付けたいことではあって、だから、気を付けるに越したことはないのである。

 

 

 

能天気に「出来るだけ気を付けよーっと」くらいにしか思えていないので、そんな軽い感じで、どうにか意識できたらいいなと思う。

 

 

 

 

しばらくはスマホじゃなくて、パソコンで。

出来る限り遠くに画面をやって、精一杯腕を伸ばしてパソコンを利用していこうと思います。

 

応援よろしくお願いいたします(?)

 

 

 

本バスめぐりん。(創元推理文庫

著者:大崎梢 出版社:東京創元社

ISBNコード:9784488487072

心がほわほわする、とても温かい話でした。

移動図書館で働く人たちが主人公なのですが、一気に図書館で働きたい熱が生まれてしまう。ついつい図書館の求人とか調べちゃったり、実家にある司書資格証書を確認しちゃったり、したよねぇ。へへ。

 

たぶん、すぐにまた冷める。

でも、私の心の中の、割とすぐ熱が生まれるところに、図書館で働くことへの興味があるんだろうな。

 

図書館勤務かぁ。

 

へへ。

 

 

 

へへへ。

 

 

 

 

 

 

堕落したところから浮上できる気がしない。

お疲れ様です。

 

 

我が城に帰還いたしました。

 

実家で何もかもやってもらった3日間。

堕落。

 

自分の住処は落ち着くけれど、何もかもを自分でやっていた、という当たり前で何の負担でもなかった日常が、一気に億劫なものに変わる。

 

恐ろしい、ゴールデンウィーク

 

 

実家にいる間、何もかもをやってくれた、私を甘やかしてくれた両親は、それは楽しそうだった。その様子は大層救いになった。

 

 

一人で過ごしていると、ご飯の時間が来た時に「何を作るか」を考える前に

 

「作るかどうか」

 

よりも前に

 

「食べるかどうか」

 

を選択することが出来る。

褒められたことではないけれど、面倒であれば、お腹が空いていなければ、食事の時間にする必要がない。

 

母は、作ってたな。

 

時間が来れば、作っていた。

まだあんまりお腹空いてないよねぇ、って言いながら、それでも何かしら作っていた。

 

子どもの時分であれば甘んじて受け入れ、喜んで、というか当たり前に受け取れる愛情としていただいていたのだけれど、この年になると、誰かのためにご飯を作るその時間は実は、ご飯を作らなければ別の、彼女の為だけに使える時間に成り得ることを知っている。

 

楽しそうにしてくれていて、本当にありがたい。

 

 

 

知らん間にもうすぐ還暦らしい。

元気でいてくれ、私も出来るだけ長く元気でいるつもりなので。

 

 

 

 

 

祖父母の家で、大量の豆を頂いた。

 

私の好きな作業の一つ。

スナップエンドウなどの筋取り。

 

めっちゃやった。

多くない?

 

f:id:kurikobook:20210504231533j:image

 

奥が、筋取りが終わったスナップエンドウ

手前が、筋取り前の絹さやえんどう。

 

楽しかった。

 

 

 

『衛宮さんちの今日のごはん』を拝聴しながら作業した。

 

ほのぼの。可愛い。

美味しいご飯が食べたくなる。

手を掛けて、誰かの為に作ったご飯はやっぱり美味しそうにみえる。

 

 

すごい大量の食糧を頂いたし、滞在中はものすごくたくさんのものを腹に収めた。

 

食べ過ぎて、ひっそりと腹を壊した。

ままならぬ。

 

 

お腹お休みデーを設けたい。

 

 

 

いやぁ、それにしても、この大量の豆、茹で加減ばっちりでした。

最高。

 

f:id:kurikobook:20210504231537j:image

 

マヨネーズ。

最高。

 

絹さやは卵とじにしてしまいたいところですが、よく育っているので豆感が強く、そのままいけます。美味しい。

 

きゃっほう。

 

 

 

あーあ。

 

お仕事したくない。

 

長期休暇のたびに思う。

なんなんだ、長期休暇って。

 

こんな甘い汁吸わされて、また毎週5連勤とかいう意味の分からん環境に放り込まれる。

 

みんな仕事して偉い。

 

偉いよ、みんな、お疲れ様です。

 

 

 

 

 

動画配信サービスしゅごい……

お疲れ様です。

 

 

訳あって、動画配信サービスに登録しました。

 

アニメ……いっぱい……。

 

 

そしてやってくるゴールデンなWeek……。

 

 

健康で文化的な最低限度の生活………………

 

健康と、人間としての最低限度の生活が保障されない可能性……。

 

 

ふふふ……。

 

アニメ漬け、最高。

 

 

いってきます(サムズアップ)

 

 

 

 

 

 

とりあえずここ数日で、

 

『怪物事変(けものじへん)』

Fate/Grand Order

 

を拝聴しました。

とても面白かったです。

 

はぁ……。

 

 

どうしよう、今後も楽しみ……。

 

 

 

見たいラインナップです。

 

Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』

正解するカド

シャングリ・ラ

『サカサマのパテマ』

はねバド!

八犬伝

虐殺器官

キルラキル

それでも町は廻っている

『UN-GO』

人類は衰退しました

モノノ怪

xxxHOLiC

ボールルームへようこそ

残響のテロル

東のエデン

言の葉の庭

宝石の国

彼氏彼女の事情

キノの旅

『ACCA』

『パプリカ』

『空の青さを知る人よ』

曇天に笑う

『ゴールデンタイム』

BLACK LAGOON

BECK

甲鉄城のカバネリ

『DAYS』

Charlotte

ギルティクラウン

ダーリン・イン・ザ・フランキス

シュタインズ・ゲート

ワンダーエッグ・プライオリティ』

境界の彼方

『アイシールド21』

憂国のモリアーティ』

ゴールデンカムイ

『ガールズパンツァー』

『GREAT PRETENDER』

 

待って、切りないわ。

 

人生100年時代って言うけど、たぶんきっと全然足りないんだ。

クリエイターの皆さまには本当に感謝しかない。

 

ラインナップの中に、すでに見たものも含まれている。

これからも、一度見たものを「もう一回見たい!」と思う事もあると思う。

ざらにあると思う。 

 

あ、あと『超電磁砲』も見たい。

 

 

 

ありがとうございます。