推しを推す、そして万物に感謝する。

元書店員。日常のオススメやアレコレの話を。

ごめん加湿器

お疲れ様です。

 

今日、加湿器を洗いました。

 

偉い……。

 

今日のお昼からずっと言ってる。

過去にすがっている……。でも偉い……。

 

 

昨年、一昨年と、洗わなきゃなぁと思いながら部屋の隅に置きっぱなしにして、

洗わなきゃなぁ、洗わなきゃなぁ、を繰り返して、

冬がきて、そのまま使って

 

と2年ほど洗わずにおいた加湿器でした。

 

 

開ける。

 

 

んっふふふふっふふふふふふふふ、めちゃくちゃ白い。

 

 

これが……カルキ……。

 

ふぅん、やるじゃん……(現実逃避)

 

 

頑張って洗いましたが、キレイにしきることができませんでした。

とりあえずやれるだけやって、乾かしています。

 

 

ごめんな……。

 

 

 

最近読書は捗るのに、ブログが書けないという状況だったので

作品がたまっております。

面白いものばかりだったので、話したくて仕方ない。

 

 

 

サーチライトと誘蛾灯(創元推理文庫

著者:櫻田智也 出版社:東京創元社

ISBNコード:9784488424213

昆虫オタクのとぼけた青年・魞沢泉(えりさわせん)。昆虫目当てに各地に現れる飄々とした彼はなぜか、昆虫だけでなく不可思議な事件に遭遇してしまう……。(裏表紙あらすじより)

 

腰かけ探偵というほど動かないわけじゃないけど、昆虫に対してだけ大きな動きを見せて、真相を解き明かしていく不思議な青年がこの作品の探偵役です。

 

とぼけた青年、と表現されている魞沢くんですが、本当に何というか、つかみどころがないキャラクターです。

登場人物の会話が変にすれ違ったり、聞き間違いでまったくかみ合わなかったり、やり取りの間にユーモアがたっぷりで、

 

そんな聞き間違いないでしょwww

 

というレベルのとんちんかんな様子にクスッと笑ってしまいます。

 

 

私は、ブラウン神父・亜愛一郎を知らないのですが、

それぞれを意識したようなキャラクターだそうです。

 

そう言われると読んでみたくなる……。

 

俺はチョロいんだぞ……。

 

 

そんな笑わせてくれるやりとりなのに、いつも最後はとても静かに迎えられます。

 

そっと感じる未来への期待だったり、

とんでもない切なさだったり。

 

この差は、やられる……!

 

後味がいい、悪い、は人それぞれですが、

強く残るのはたしかです。

 

 

めちゃくちゃ残る。

 

 

なんともやるせない気持ちになったり、口角がほんの少しあがるような明るい気持ちになったり、もう、ぜひ、味わってほしい。

 

 

魞沢くんは全話に登場しますが、それぞれの話の語り手は彼以外、という連作集です。

つかみどころのない彼に出会った人たちが、彼に振り回されるのは少し愉快。

 

魞沢くんのことが気になりすぎるので、いつか彼が主人公の、いや、彼が主人公でなくてもいいから、長編が読みたい。

 

キミは一体どんな人なんだい、ってのを長い時間かけて知りたい。

 

とても魅力的なキャラクターです、ぜひ。

 

 

 

 

 

加湿器、乾いたら片付けなきゃ。

 

今度はちゃんと、洗うべきタイミングで洗ってやりたい。

もうこれから完璧に綺麗にならないと分かってるので、なんか、

掃除もせめてもの罪滅ぼし感が否めない。

 

ごめんよ。

 

 

 

ゴールデンな話2022

お疲れ様です。

日記というほど頻繁に記事を更新できているわけではないブログですが、こういう、なんというか

 

去年は何してたんだっけ

 

って思った時に見返せるのは面白いな、と思い始めました。

10年日記など流行った時期があって、それを横目に見てきたのですが、ようやく自分にもその良さが分かってきました。

 

 

2020年の1月末に開設した当ブログ。

 

なにしてたかなー、という気持ちスタートで見返したわけではなく、今年のゴールデンウィークがあまりにもワクワクしていて、

 

もしかしたら今まで生きてきた中で一番ワクワクしてるのでは?!?!?!

 

って思って、そうしたら最近は何やってたかなって思って。

 

 

休みにやることが詰まると絶対疲れるタイプだと思っていたのですが、もしかしたら、自分そうでもないのかも、と思えたりして。

 

ちょっとさ、今年のゴールデンウィークは違うんじゃない?

 

 

自分から友人を誘えた鳥羽水族館

 

実家への帰省もちゃんとして。

 

さらに自分から提案できた店長とのお出かけ。

 

 

いつも誰かからのお誘いに乗っかるばかりで、それももちろん楽しいし嬉しいんだけど、全然充実感が違う。

 

不思議。

 

 

4/29から5/1までで一つ予定がある、休んで、次の連休で一つ予定、休んで、次の休みで一つ予定。

 

 

ずっと休みを上手く使えなくて、申し訳なく思う人生でした(笑)

 

自分がちゃんと楽しく充実して過ごせていると思うと、めちゃくちゃ嬉しい。

 

 

有意義ってやつだ。

 

 

小説も3冊読めそう。

 

 

ふふふ。

 

 

ふふふふふふふ。

 

ありがてぇ。

一緒に楽しく過ごしてくれる人がいること、本当にありがたい。

 

 

電車にたくさん乗れた。

バスも乗れた。

移動時間、長いの楽しい。本が読める。

 

 

あとはゴールデンカムイ、読まなくちゃ。

あと2冊で終わっちゃうんだな。

 

本屋さん行かなくちゃ。

 

お休み終わっちゃう。

 

夏が来ちゃう。

 

んんんんんん早めのセンチメンタル。

 

 

 

世間のお休みにお仕事している皆様、お疲れ様です。

感謝。

 

好きなキャラクターが表紙の巻を置いていくわ……。

 

アフィリエイトって結局なんなんだ、当初から稼ぐ気の全くないブログだね……。

 

 

ゴールデンカムイ、ぜひ読んでください。

 

ちょいちょい人を選ぶ描写がありますが、

それはまぁ、この世のどの作品も同じことで(強引)

 

筋肉祭りみたいな男性陣、だけかと思いきや女性陣もめちゃくちゃカッコいいし、戦闘シーンとギャグのバランスは最高だし、ぜひ、そして好きなキャラクターができたら教えてください。

 

 

 

 

ぜひ。

 

 

 

 

探し物はなんですか、見つけにくい本ですか

お疲れ様です。

 

3回目のワクチンを打ちました。

以下、レポです。

 

腕が痛くなりました。

 

以上です。

 

 

 

……本当に何も起こらなかった。

 

腕が腫れたか見てみた時に、元々腕が太いことを再確認しただけになって、ちょっと笑ったくらいです。

 

 

良い腕してるな、健康的だぞ!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

最近「23時には寝よう」ということで、

遅い時間から書き始めたこの記事、

 

時間との勝負だぜ!!!

 

って見た時計が『23:06』で

どうやらスタートから負けているようなのですが

そういうこともあります。

 

 

そういうことも、よくあります。

 

 

 

さがしもの(新潮文庫

著者:角田光代 出版社:新潮社

ISBNコード:9784101058245

「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」(中略)九つの本の物語。

(裏表紙のあらすじより)

 

いつか読みたい、いつか読みたい、と思っていた本をようやく読めました。

文庫担当をしている間、棚には永遠にあるし、帯は推してくるし、夏の文庫100冊フェアの時も絶対にいる。

 

「面白いぞ~、面白いぞ~」

「本好きにはたまらないぞ~」

 

と、ずーーーーーーーっとニヤニヤした顔で誘われているような気分でした。

 

ようやく読めました。

 

読んで、素敵な本だなぁ、と思いました。

 

もしかしたら、有名な本を読めたことに対する満足感だけかもしれなくて、

それは新幹線から富士山を見つけるとつい写真を取って「富士山ステキだなぁ」と思うのと同じかもしれなくて、でも、良いなぁと思ったのです。

 

なんというか、紙の本はこれからも大丈夫だ、と強く思わせてくれる作品でした。

 

 

この文庫が発行されたのが平成20年の11月だそうです。

当たり前のように、読み物は紙。

 

電子書籍がいつ頃から「わ、紙媒体が危ないかも」と思わせるような存在になっていたのか、もう覚えていないのですけれども、

 

紙の本はこの先大丈夫かなって、その気持ちはずっとあって、

でも紙は無くならないよ、っていう不思議な自信もずっとあって

 

その自信を後押しする1冊でした。

 

 

色んなものがデジタル化していく中で、アナログだからこその魅力があって、でも便利さの影に少なくなって。

 

そういう中で、この本を読んで、

 

本に限らずですけど、

 

実際に「本を手に取る」内容の物語がこんなに楽しまれているなら、

本を、重みや手触りとともに誰かに渡す物語がこんなに楽しまれているなら、

 

大丈夫だ。

沢山の人が、アナログを必要とし続けるよ、きっと。

 

と強く思えました。

 

 

本との出会いがたくさん描かれた作品です。

 

たまたま旅先で出会ったり、

知らないうちに手元にあったり、

誰かの為に探したり、

忘れていたことを思い出したり。

 

本が関わる人間関係もあります。

 

 

これはフィクションであって、実際に本が人を繋ぐかと言われたら、分からないんですけど、

 

でも確実に、読者は作者の言葉に出会ってるわけで、

 

他の人も同じ本を読んでいて、

 

「この本はいいぞ!」ってたくさんの人が同じように思って、

 

ずっと本屋に並べられているのって、それって、

 

そのことを「繋がりだよね」と言われたら、私は頷いてしまう。

 

 

「売るぞ」っていう業界全体の気合が入った本が書店で手に取られる瞬間が、好き。

 

 

 

デジタルもいいよね、そこから作品の良さが気軽に情報として広まって、作家さんのところに声が届きやすい、

 

とも思えるようになったから、電子書籍滅びよ! とかではない。

 

 

 

何を言いたいか忘れたね。

いつものことだね。

 

 

とにかく

 

私は紙の方が好きってだけ。

 

紙好きで大丈夫だよ、ずっとあるよきっと、って改めて思わせてくれたこの1冊がたまらなく好きってだけ。

 

ぜひ。

夏の文庫100冊フェアを待たずとも、ずっと棚にいらっしゃるだろう本だから、きっとすぐ見つかります。

薄めで読みやすい本です。

 

そのかりんとうは何用だ

お疲れ様です。

 

きたる3回目のワクチン接種の為に、今日は仕事帰りにお買い物に行きました。

 

解熱剤などは以前準備していたので、今回新しく買う必要はありません。

 

1回目も2回目も、ほとんど何もなかったので、3回目も一緒かなと思いつつ、

3回目だけ熱が出ました、という話も聞きますので、準備はしておくべき……よね?

 

 

ポカリ的なもの、ゼリーなどの食べやすいものを探して食料品売り場に足を踏み入れました。

 

 

 

おかしいな。

 

気が付いたら、かりんとうを3袋も買っていました。

熱でふせっているときに食べることを想定して買うものじゃないな。

 

 

おかしいな。

 

気が付いたら、今リアルタイムで口の中にかりんとうがあります。

もう、今食べたかっただけやんな。

 

 

とても美味しいです。

 

幸せです。

 

 

 

父と私の桜尾通り商店街(角川文庫)

著者:今村夏子 出版社:KADOKAWA

ISBNコード:9784041118962

父のパン屋は人気だったことがない。母が騒動を起こして出て行ってから、焼いたパンの半分以上は捨てられる運命にある。

残りの材料を使い切ったら店をたたもうと決めたある日、見知らぬ客が店にやってきた。(裏表紙あらすじより)

 

作者は2019年芥川龍之介賞を受賞された今村夏子さんです。

初めて拝読します。

あらすじから既に「あ、暗いだろうな」とは思ったのですが、いざ読み始め、そして読み終えた今、思っていた暗さと違ったな……と、初めましての魅力をぐぐっと噛み締めております。

 

全7篇から成る短篇集です。以下、少し内容に触れます。

 

『白いセーター』

『ルルちゃん』

『ひょうたんの精』

『せとのママの誕生日』

『冬の夜』

モグラハウスの扉』

『父と私の桜尾通り商店街』

 

収録作品の一つ目『白いセーター』。

主人公「わたし」とフィアンセの伸樹さん。物静かな彼女らが、クリスマスイブの夜は外食にしよう、と話している場面から始まります。

 

読み始めてすぐに、

 

わ、これは、、初めましてのやつやな……

 

と身構えました。

私の読書履歴をさかのぼりますと、「○○ミステリー」やら「○○事件」やらばかりで偏っているものですから、「初めましての感覚」はよくあります。

が、先述した通り『暗さ』の種類が想像していたものと違っていて、わ……となりました。

 

語り口や情景が静かで落ち着いていて、どこかほの暗い、というのは今までも読んだことがあったのですが、なんというか、会話が、言葉をその場に落とすような、まさに「ぽつりと」という雰囲気で連なっていて、

静かな人たちのリアル日常のテンションがそこにありました。

声に感情を大きく乗せない人たちのやり取りでした。

 

そのテンションのまま、じわじわと登場人物の幸福感と、不安感が、本当にじわじわときます。

楽しみに思う事と、嫌な出来事が静かにやってきて、それはたぶん

 

3:7

 

とか

 

2:8

 

とかの割合で主人公たちの元にやってくる。

この時の不安感は、主人公が感じる、というよりは私が感じるものだと思います。

 

 

何かを思って、行動に移す主人公たちが、衝動的に見えて、私はものすごく不安を覚える。

 

大丈夫か。

 

その勢いで、大丈夫か。

 

私はあんまり大胆な行動をするタイプじゃないので、余計に怖い。

エネルギッシュな人は、眩しくて、怖い。

気推されてしまいそうで、怖い。

その前向きな気持ちが、何かの拍子にぺちゃんこになってしまうんじゃないかと想像して、怖い。

 

衝動的に見えてしまったところも、もしかしたら彼女たちは色々考えて考えた末の行動かもしれないし、

その場では突発的な動きだったとしても、それまでの年月考え続けたことがあったのかもしれない。

 

彼女たちの選択にドキッとします。

取り返しのつかないことが起きるんじゃないか、いや、もう起きているのか、もう済んでしまっているのか、これからどうするのか。

 

ほんのちょっとした出来事や、小さな音を立てて起きていた事が、どこか不穏な影を残す。

 

だというのに、何故こんなにも表紙は明るくて飾り気の少ない可愛さをしているんだ。

 

 

 

ファンタジー色の強いお話もあって、でもそれも語り口は静かで。

じんわりずっしり心に来る本をお探しの方、オススメです。

 

 

本当にそれで大丈夫か、と主人公たちを心配してしまう私と

 

立ち止まらずに行動に移してしまう主人公たち

 

 

どっちがいいんだろう、と考えたりもしましたが、物事には良し悪しというものがあってな……と脳内でお返事があります。

 

みっこ先生がひた走る『モグラハウスの扉』、表題作の『父と私の桜尾通り商店街』が好きでした。

 

行かなきゃ! って何かを思って走り出すことに躊躇いなど忘れ去る彼女たちの、危ういまでの真っすぐさが、不安を覚えつつも、好きだなと思ってしまう。

 

 

ぜひ、お手に取ってみてください。

 

 

 

巻末に作者さんへのインタビューの様子が少し載っていて、

 

ハッピーエンドにしようと思って書き始めるのに、なぜか最後悲しくなることが多い

 

という話があって、そっかぁ……………ってなる。

 

 

 

病人に必要な食品を買いに行って、

うっかり好きなもの、しかも かりんとう という重ため油菓子を買って、

うっかりその日の夜のうちに1つ食してしまって、

うめぇ!!! 幸せ!!!

 

って一日を終えようとしている人間には出せない雰囲気、出せない魅力の作品。

 

 

体調崩してもいいように、なんて思ってなくて

お休み楽しむぜひゃっほう! ってはしゃいでる人間のお茶請けなのが丸わかりですね。

 

かりんとうはね、美味しいから。

かりんとうに罪は無いから。

 

 

今日も元気。

おやすみなさいませ。