推しを推す、そして万物に感謝する。

元書店員。日常のオススメやアレコレの話を。

髪の毛自慢は過去の栄光にすがる後ろ姿に成りかわって

お疲れ様です。

 

 

出勤したら、職場の男性社員・Cさんの髪がスッキリしていた。

いつも誰かが髪の毛を切ったのを見ると、「いいなぁ」と思う。

 

余程自分も切ったばかりじゃないと、特に前髪がすぐに邪魔になってきて、基本的に切りたいなぁと思っている。

 

サッパリしてる、いいなぁ、と思って、遠目に眺める。

あんまりジッと見るのもよろしくない。

 

まぁ、切りに行けばいい話なんですけれども……。

 

 

前回来店した美容院は、初めてのところでした。

なんだかオシャレで、しゃらしゃらしたカーテンが上からつるしてあって、ナチュラルテイストというのか、そういう感じの雰囲気で、美容師さんはとても優しくて、

 

そして、なんと、前髪だけのカットなら無料なんです。

 

そこも優しい。

 

この情報を口にすると、尚更「切りに行けばいいじゃん」と言われそうですが、私もそう思っています。さっさと切りに行けばいい、と。

 

近々行きます、たぶん。

 

 

 

ええと、

 

それで。

 

Cさんは「ドライヤーをかける時間が気が付いたら長くなってたからさぁ」と、このタイミングで切りに行った理由を教えてくださいました。

 

「あっ、ドライヤーちゃんと使うんですね!」

 

と私が驚いたところ、

 

「そりゃ使うよー!」

 

という返事は心外だなぁ!と言わんばかりで。

私が思っている以上に、髪の毛が短い人も、ちゃんとドライヤーで髪の毛を乾かしているのかもしれない。

 

他意はなく、私がドライヤーを普段使わないから驚いたのです、と伝えたところ、それはそれで

 

「えぇー????」

 

と大声が返ってきて、ちょっと笑ってしまった。

 

 

お風呂に入るタイミングが遅くなってしまって、早く寝たいときはドライヤーを使います。

濡れたまま寝るのは、ちょっと、いや、かなり次の日の朝大変だろうし、髪にも悪そうだし。

 

分かってる、髪に良い悪いという話をするならば、恐らくすぐに乾かした方がいいことも。

 

でも、ほら、すぐ乾くって知ってるから……。

 

 

実家であんまりドライヤーが稼働しているところを見て育ってこなかった、というのは大きな理由としてある。

大げさに言えば、そもそも我が家にはそういった文化がなかった、ということ。

 

もう一つ理由を挙げるとするならば、母からの遺伝である。

 

髪が傷みにくい。

傷む前に切っちゃう、というサイクルも相まって、本当にこれはありがたいことに、髪について困ったことが今まで、恐らくない。

 

そして髪の毛を染める、という文化もなかった。

 

そしたら傷まないよねぇ……。

こればかりは親に感謝である。

 

 

 

今日、髪の毛の話をしていた時にふと、5年くらい前のことを思い出した。

 

仕事中レジ打ちをしていたときに、商品を持ってきたお姉さんに

 

「えっ、すっごい髪キレイですね……」

 

と言われたことがあった。

お客さんが店員に問い合わせ以外で話しかけることが稀だし、その上個人的なこととなるともっと稀で、当時大変驚いた。

 

えぇあわああああありがとうございますぅ

 

みたいな奇声を発したかもしれない。

 

 

その次の日、嘘だと思われるかもしれないのだが、また別の人に

 

「こんな髪の毛が綺麗な人見たことない……」

 

とこれまたレジ作業をしているときに言われ、私は

 

何かの実験に巻き込まれているのではないかと少し怖くなったりもした。

 

あれ、待って、もしかして今私がこのことを口にしたことで実験が完遂したりする? 長年にわたっての研究? 違う?

 

 

怯えつつもどんな状態なのか気になって、帰ってから鏡を見てみたら、私も驚くくらいにトゥルトゥルの髪をした私が居て、いったい何事だと思ったのだけれど、本当に心当たりがなくて、

 

ただただ理由もなくトゥルトゥルしてたのだと知った。

 

 

その頃と比べると、今は残念ながら、ちょっと元気がないように見える。

というか、あの日の髪の毛は何かよく分からないくらい本当に輝いてた、何か特別なものを食べたのか……?

 

 

 

体力とか、そういうのも全部だけど、昔のように生まれ持ったポテンシャルだけでやっていくには、ちょっと、その、衰えている、色々。

 

生きてる証拠だよね。

 

そういうのを感じているのは確かで、

買ってから何回使ったかなぁって指折り数えられそうなドライヤーも、ちゃんと使ってあげようかな……と反省した一日でした。

 

 

健康のために気を付けないかんこと多すぎる。

ああ、こんな時間。睡眠も大事。

 

天使の深睡眠マクラ(宝島社)

本屋って何でも打ってるんだねシリーズ、と銘打ってしまいそうになった、その名も枕です。

しかも、書籍の体で売っている。力こそパワーという感じがして、私はこの勢いが大好き。

 

実際に買ってみたのですが、そして今も使用している枕なのですが、良い。

 

あんまり寝具にデリケートな人間ではないので、どういう風に良いのか説明がしがたいのですが、問題なく使えているし、カバーが外せるので洗える点が嬉しいです。

 

最初の頃にアースカラーを発売したあたり、本気を感じます。

あなたの家の寝室に、仲間に入れてください、落ち着く色ですよ、というアピール凄い。

 

 

枕、うーん、どんなのが良いかなぁ……と考えている方いらっしゃいましたら、本屋で買える枕はいかがでしょうか。

 

試してみる価値はあるかと思います。

 

 

 

 

ああ、早く寝ないと、あああおやすみなさい。