推しを推す、そして万物に感謝する。

元書店員。日常のオススメやアレコレの話を。

あの頃 飛影が好きだった

お疲れ様です。

 

突然なのですが、

 

「○○知らないなんて、人生半分損してるよ!!」

 

みたいな言葉がめちゃくちゃ気になる最近です。

「人生の半分」って。それだけ熱中してるもの、好きなことがあるのはとても素敵なことだなぁ、と思うと同時に、すっごい言うやんって思う。

たぶんその人にとって、己の人生の半分をそれに費やしたっていい、というものなんだろう。

私で言う所の、小説や漫画、ドラマ、アニメ、フィクションに触れている時間のようなものなんだろうと、思って、、、

 

ふと思ったけど、妄想に耽っている時間とかも含めたら、人生の半分以上を費やしている気がする……

 

(え……どうりで毎日楽しい……やば……)

 

……もし、漫画もアニメも、とにかく物語を一切楽しんだことがない、という人に出会ったら、私はその人のことを「人生の半分損してる!」と思うんだろうか。

 

ええええちょっと待って、鬼滅の刃読んでないの?!

アニメもあんなに良かったのに?!

 

とか

 

うそでしょ、いやいやいやハンターハンター読んだことないの?!

団長とか、聞いたことない?! クロロ知らん? ヒソカは?!

 

とか

 

読んでほしい、見てほしい、と思うものはたくさんあるけれど、同じものを楽しんでいない人を「損してる」とはどうしても思えない。

もちろん「損してる」って言っている人だって、本当にそう思って言っているわけではないと思うし、そのコンテンツにお誘い申し上げる際の決まり文句みたいなものだろうとも理解している。

 

私は「損してる!」って言うかな、と考える。

 

たぶん言わない。たぶんっていうか、言わない。

思っていないことだから言わないと思う。

 

私が例えば「うちの執事が言うことにはシリーズ」

[rakuten:book:16830667:detail]

[rakuten:mangazenkan:10195763:detail]

を全巻楽しく読んでいる間、この作品を読んだことのない人たちはもちろん死んでいるわけではなく、同じだけの時間を使って別のことをしているわけである。

 

私が、貴族の生活ふぅん、と自らが経験したことのない世界を文字で楽しんでいる時、私がその瞬間できないことを他の人はやっている。

 

そう思うと、どっちが損とかじゃない。

 

お互いにその人がやっていないことをやっている。

料理を一生懸命作るなんて時間がもったいない、とご飯は簡単に済ませて、他の事にたくさん時間を使う人も、

料理をしっかり作ってゆっくり食事の時間を楽しむ代わりに、他の事をする時間が少ない人も、

一緒だと思う。自分が何を大事に思ってるか、とか、何に時間をかけたいか、とか、価値観で動いてる。

 

損だとは思わない。

時間は平等だって言うし、みんなそれぞれ頑張って生きてる。

それぞれの価値観、生命の神秘。(壮大な着地)

 

 

でも、好きなこと、好きなものが広がってほしいって気持ちはあっていいよね。そうじゃないと味気ないよね。皆が皆好きな事勝手にやってればいいじゃん、も有りだけど、せっかく楽しむなら大勢で、と思うのも有りだと思う。

 

損とかじゃない。知らないままでもいいし、もし人が楽しんでいることを知れるなら、それはとても面白くて貴重なことなんじゃないだろうか。楽しめる事が増えるってことだと思うと、強い。楽しいと思えることが多いと、きっといつか自分を助けると思う。

手元に専用の道具があって出来ることと、手ぶらでも出来ることがあれば、きっといつも楽しい。好きなものは多いと楽しいと思うし、嫌いなものは極力少ない方が良さそう。

 

 

私の好きなものって、どうだろう、多岐にわたっているだろうか、あらゆる場面に出くわしても何か一つは楽しめるものがあるようなラインナップだろうか。

読み物は偏っていないか、恋愛ものは少ないな、本棚に並んでいる本、大体のタイトルに「○○事件簿」とか「謎」とか「探偵」とかついてる。酷い偏り。ふふ、楽しい。

ホラーが好きになれば、だいたいのジャンル読める気がする。

 

……いや、廊下が怖くなるからダメだ。

 

ヒソカの人間の怖さが大丈夫なら大体の怖い生き物は大丈夫になるんじゃないのか、と思うけど、なかなかそうもいかないらしい。キメラアント編が楽しく読めたって、駄目なんだな。

(HUNTER×HUNTER面白いよ)

(主張の強いカッコ)

 

 

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:11643543:detail]

[rakuten:hmvjapan:11110321:detail]

GANGSTA.(バンチコミック)

著者:コースケ 出版社:新潮社

ISBNコード:9784107716255

ギャングスタみたいな結構人が切れてくタイプのが読めてもダメなんだよな。

ホラーって独特だなと思います。心臓が恐怖と緊張でドキドキする、あの文章の作りっていったい何なんだろう、空気の作り方とかもあるんでしょうか。何にせよ、怖いのは駄目だ。

GANGSTA.も面白いよ)

(主張の強いカッコVOL.2)

 

 

時間は有限だから、色んなものに上手く出会えたらいい。

楽しいものに沢山出会えますように。

 

あっ! 眠い!

おやすみなさいませ!